原口、ミドルシュートも狙う「打てるとなるとキックフェイントも効いてくる」

3月26日(日)22時50分 フットボールチャンネル

 日本代表は26日、ロシアW杯アジア最終予選・タイ戦に向けて練習を行った。

 ハリルジャパンに欠かせない存在となった原口元気。連続ゴールは途絶えたものの、UAE戦では特に守備での奮闘が光った。ドイツで活躍するアタッカーは、代表チーム内での「コミュニケーションの質が上がっている」と感じている。

「監督からまずこうしろって言われて、近い選手と話し合って、紅白戦をやって。また話し合って、試合前にどれがベストかっていうのを監督にもぶつけたり、選手同士で話したりっていう作業は試合を追うごとに良くなってきている」

 UAE戦では相手エースのオマルに対し原口、長友佑都、今野泰幸で受け渡しながら監視していた。これもコミュニケーションの賜物だろう。

 原口はPA内でのワンタッチゴールで得点を重ねているが、ミドルシュートの重要性も述べている。

「そういうゴールが日本はあまりないので。やっぱりゴール前に入って行ってというゴールが多い。バリエーションが少ないと思うので、ミドルシュートっていうのは決めたいポイントでもある」

 中距離弾を備えていると印象付けられれば、原口のプレーの幅もさらに広がる。「ミドルも打てるってなると、キックフェイントも効いてくる。そういうイメージをつけさせるくらいミドルシュートは大事なので、1本決めたい」とチャンスがあれば狙っていく考えを示した。

 連続ゴールは止まったが、原口がチームの得点源であることに変わりはない。タイ戦で新たな武器を手にすることができるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「日本代表」をもっと詳しく

「日本代表」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ