スペインサッカー連盟会長、今季のラ・リーガ全試合消化を強調。「優先すべきはシーズンを終わらせること」

3月26日(木)15時0分 フットボールチャンネル

 スペインサッカー連盟(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス・ベハル会長が、新型コロナウイルスの影響で無期限延期しているリーガ・エスパニョーラの全試合消化を強調している。スペイン『アス』が現地時間26日に報じた。

 スペインのペドロ・サンチェス首相が22日に国家非常事態宣言を15日間延長したことを受け、ラ・リーガとRFEFは政府が再開可能と判断するまで無期限でリーグ戦を中断することを決定している。

 会見に臨んだルビアレス会長は「優先すべきはシーズンを終わらせることだ。チームを今降格させることはできないし、正しく昇格させなくてはいけない。多くのチームがシーズンを終わらせることを待っている。問題が終息すれば、今季を終わらせるための時がくるだろう」と今季のリーグ戦消化を強調した。

 スペインでは無期限で活動を停止しているバルセロナが来月27日に活動を再開するとしているが、ラ・リーガは無事シーズンを終わらせることができるのだろうか。

フットボールチャンネル

「スペイン」をもっと詳しく

「スペイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ