広島、逆転で今季初勝利 緒方監督、同点打の新井に「クロが投げると打つ」

3月26日(土)19時15分 フルカウント

7回9安打1失点の黒田に「ナイスピッチング」

 広島は26日、マツダスタジアムで行われたDeNA戦に3-1で勝利した。通算200勝まであと7勝の黒田が先発し、9安打を許したが、粘りの投球で今季初勝利を挙げた。11安打を記録した打線は、同点打を放った新井とスタメン出場した天谷の活躍が逆転勝ちの原動力となった。

「黒田はピンチの連続だったが、粘り強く投げてくれた。ナイスピッチングだったね」

 試合後の緒方監督がそう話したように、黒田は3回からは毎回のように得点圏に走者を送る苦しい投球だった。

 それでも「結果が出たので良しとしたい」と今季初登板を振り返ったレジェンド右腕は、「悪い中でも、最少失点に抑えられたのでよかった」と、通算194勝目に安堵の表情を見せた。

天谷も好走塁、緒方監督「明日も勝って、カード勝ち越しでスタートした

 前日にわずか4安打に終わった打線は、猛打賞の丸を筆頭に新井、天谷が2安打など2桁安打を記録した。1点を先制された後の6回、「クロが投げると打つよね」と、緒方監督が笑った新井が同点タイムリーを放つと、天谷が勝ち越しのタイムリーで続いた。

 天谷は8回に相手ミスに乗じた好走塁で追加点を挙げ、試合後は黒田とともにお立ち台に立った。

「昨日も今日もスタンドは超満員。勝ってみんなで並んで挨拶したかった。明日も勝って、カード勝ち越しでスタートしたいですね」

 昨季と同じ2戦目の初勝利に、指揮官の表情は明るかった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

フルカウント

「マツダスタジアム」をもっと詳しく

「マツダスタジアム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ