G村田が待望の今季初安打&初タイムリー 6打席目で快音

3月26日(土)16時1分 フルカウント

復活期待かかる大砲

 巨人・村田修一内野手が26日、待望の今季初安打&初タイムリーをマークした。

 ヤクルト戦(東京ドーム)で「7番・三塁」でスタメン出場。待望の一打は6点リードの5回2死二塁の第3打席だ。古野の137キロ直球を打ち返す投手強襲の一撃。そのまま打球は中堅へ抜けた。今季6打席目で生まれた快音は中前適時打となった。

 25日の開幕戦では2打数無安打。7回に死球で出塁し、小林誠の二塁で一塁から本塁まで激走を見せたが、快音はなかった。

 オープン戦で近未来のクリーンアップ候補の岡本との三塁手争いを制した35歳。通算321本塁打の大砲の復活に大いに期待したい。

フルカウント

「巨人」をもっと詳しく

「巨人」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ