退団が発表されたソフトバンク川崎宗則 日米で愛された18年間の足跡

3月26日(月)20時3分 フルカウント

両足のアキレス腱痛で離脱、その後は自律神経の病に悩まされる

 ソフトバンクから自由契約となり、退団することが決まった川崎宗則内野手。昨季開幕直後にカブスからフリーエージェントとなり、古巣のソフトバンクに電撃復帰した。約1か月間ファームで調整を行うと、4月末に1軍に昇格。持ち前の明るさで、この時調子が上がらなかったチームに、新たな風を吹き込んだ。

 ただ、その裏では天然芝の米国から日本に戻っての人工芝でのプレーとなり、身体には大きな負担がかかった。両足のアキレス腱に痛みが出て、7月末にチームを離脱。リハビリを経て9月下旬、ウエスタンリーグで実戦復帰を果たしたが、その復帰戦で再び足を痛めて離脱した。

 本人が球団からのリリースを通じてコメントしたように、自律神経の病気にもなり、一時は入院もしていたという。昨オフは球団行事も全て欠席。契約更改交渉も行われず、未契約のままとなっていた。

 明るいキャラクターで日米のファンから絶大な人気を誇っていた川崎は鹿児島県姶良市の出身。県立鹿児島工高から1999年ドラフト4位でソフトバンクの前身であるダイエーホークスに入団した。1軍デビューは2年目の2001年。先発出場した10月3日のオリックス戦(グリーンスタジアム神戸)だった。

 4年目の2003年に遊撃の定位置を掴むと、2004年には171安打で最多安打、42盗塁で盗塁王と2つのタイトルを獲得した。2006年にはWBC日本代表に選ばれ、キューバとの決勝戦では9回にイチローの右前適時打で、二塁から本塁へ生還。捕手のブロックの隙間に右手をホームにねじ込んだプレーは大きな反響を呼んだ。この時、川崎は右肘を負傷。シーズン序盤は欠場を余儀なくされた。

 その後は怪我が相次いだものの、2009年に143試合に出場。2010年には全試合出場を果たし、自身最多の190安打、打率.316をマークした。2012年には海外FA権を行使して、メジャーリーグへ挑戦することを表明。マリナーズとマイナー契約を結び、大ファンとして憧れ、夢であったイチローとのプレーを現実のものとした。

 開幕をメジャーに昇格して迎え、デビュー戦で初安打初打点をマーク。メジャー1年目は61試合に出場したものの、オフに自由契約となった。2年目の3月にブルージェイズとマイナー契約。4月にメジャー契約を結んでロースター入りし、96試合に出場した。3年間在籍したブルージェイズでは、1年目の96試合が最多の出場で、2年目から82試合、23試合とメジャーでの出場を減らした。

絶大な人気誇った川崎、カブスでは「歴史に残るインタビュー」

 それでも、その明るいキャラクター、サービス精神、そして野球への情熱でチームメート、ファン、メディアから絶大な人気を誇った。3年目の2015年にはポストシーズンのロースターから外れながら、その存在を求められてチームには同行。22年ぶりの地区優勝を果たしたチームは、リーグ優勝決定シリーズに進出。地区シリーズ最終戦後の地元テレビ局のインタビューは「歴史に残るインタビュー」と絶賛された。MLB公式サイトには「ムネノリ・カワサキでいることによる“ムネノリ・カワサキ賞”」なるものにも選ばれた。

 2016年に移籍したカブスでもその存在感は別格。シーズンでは14試合出場にとどまったものの、ブルージェイズ時代と同様に、プレーオフではロースター入りを果たせなかったにも関わらずチームに同行。カブスが108年ぶりの世界一になった瞬間に立ち会い、チャンピオンリングを手にした。昨季開幕前にカブスからフリーエージェントとなり、ホークス復帰が決まった際にも、現地のファンからは多くの嘆きの声が上がったほどだ。 

 ソフトバンクに復帰した2017年も随所にその存在は脚光を浴びた。復帰初戦となった4月28日のオリックス戦。4打席に復帰後初安打を放つと、可愛がってきた後輩の福田秀平が勝ち越し2ランを放った。「Have FUN!」の合言葉をチームに吹き込むと、チームは川崎の復帰戦から6勝1敗と波に乗った。

 5月11日のオリックス戦では日米通算1500安打を達成。6月10日の阪神戦では、チームが3人の捕手を使い果たしていたため、延長に突入した場合には捕手を務める可能性もあった。ナイター終了後に選手が速やかに食事をとることが出来るようになったのも、川崎が球団に求めたからだった。数々の好守ももちろん、グラウンド外のところでも、川崎のチームへの貢献度は計り知れなかった。

 球団を通じて「昨年の夏場以降からリハビリを続けてきましたが、同時に自律神経の病気にもなり、身体を動かすのを拒絶するようになってしまいました。このような状態で野球を続けるのは、今の自分には考えられません。悩んだ末、この度、ホークス球団と協議して自由契約という形で、野球から距離をおいてみようと決断しました。川崎宗則が元気でプレーする姿を楽しみに待ってくれている皆様には、本当に申し訳ない決断ですが、今は環境を変えて、じっくりと体と心の回復につとめます」とコメントを出した川崎。

 これほど、日米問わず数多くの人に愛され続けてきた選手は珍しい。今はただ、心身を回復させ、再び元気な姿を見せてくれることを願うばかりだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

フルカウント

「ソフトバンク」をもっと詳しく

「ソフトバンク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ