プロ注目の横浜商大・藤村、毎回Kも序盤失点を反省

3月26日(木)17時49分 日刊スポーツ

早大対横浜商大 横浜商大先発の藤村(撮影・古川真弥)

写真を拡大


<オープン戦:早大2−0横浜商大>◇26日◇早大・安部球場

今秋ドラフト候補左腕の横浜商大・藤村哲之投手(3年=愛工大名電)が先発したが、立ち上がりを反省した。
初回、先頭からの連打でピンチを背負い、2死から先制打を許した。2回は、先頭の二塁打から1点を追加された。
3回以降は立ち直り、1安打だけ。結局、5回5安打2失点。三振は毎回の6個を奪った。
「立ち上がりは思うようにいかず、テンポを悪くしてしまいました。3回からは徐々に自分の投球ができたと思います」と振り返った。テンポを意識し、右打者の懐にも直球を投げることでリズムを取り戻した。
視察した中日小山スカウトは「3回ぐらいから本来の投球ができたと思います」と評価した。

日刊スポーツ

「プロ」をもっと詳しく

「プロ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ