スアレスが代表復帰戦で同点弾…ウルグアイ、敵地でブラジルとドロー/W杯南米予選

3月26日(土)13時20分 サッカーキング

代表復帰後初ゴールを決めたスアレス(中央)とD・ルイス(左) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2018 FIFAワールドカップ・ロシア 南米予選第5節が25日に行われ、ブラジル代表とウルグアイ代表が対戦した。

 2勝1分け1敗の勝ち点7で暫定5位のブラジルの先発メンバーは、インテルナシオナウGKアリソンのほか、最終ラインにはバルセロナDFダニエウ・アウヴェス、インテルDFミランダ、パリ・サンジェルマンDFダヴィド・ルイス、アトレティコ・マドリードDFフィリペ・ルイスが並ぶ。中盤にはマンチェスター・CのフェルナンジーニョとヴォルフスブルクMFルイス・グスタヴォ、北京国安MFレナト・アウグストが入り、左サイドにバイエルンMFドゥグラス・コスタ、右サイドにチェルシーMFウィリアン、前線にバルセロナFWネイマールが並んだ。

 一方のウルグアイは、3勝1敗の勝ち点9で2位につけている。アウェーでの一戦では、2014年のブラジル・ワールドカップ以来の代表復帰を果たしたバルセロナFWルイス・スアレスとパリ・サンジェルマンFWエディンソン・カバーニが2トップを組み、中盤にはインデペンディエンテMFクリスティアン・ロドリゲスらが並んだ。

 試合は開始早々に動いた。ブラジルがキックオフから自陣でパスを回し、最終ラインの右サイドへ展開。敵陣の背後へロングボールを供給すると、ウィリアンがゴールライン際で収め、ドリブルで仕掛ける。鋭い切り返しから左足で送られたクロスに反応したのは、D・コスタだった。ファーサイドで合わせてゴールネットを揺らし、ブラジルが開始1分で先制に成功した。キックオフから相手選手にボールを触らせずに奪った、鮮やかなゴールだった。

 幸先良く先制点を奪ったブラジルは25分に追加点を奪う。敵陣中央でボールを持ったネイマールが右サイドの背後へ強い球足のスルーパスを送ると、相手DFがカットしきれなかったところにR・アウグストが反応。巧みなステップで相手GKをかわし、右足シュートを突き刺した。

 アウェーで2点ビハインドを負ったウルグアイも、31分に反撃。左サイドからのクロスをファーサイド深くのカルロス・サンチェスが頭で落とし、走り込んでいたカバーニが強烈な左足ボレーでゴールネットを揺らした。前半は2−1、ブラジルの1点リードで終了した。

 2−1で迎えた後半、開始早々にウルグアイが同点に追いつく。48分、ペナルティーエリア左側でスルーパスを受けたスアレスが左足を振り抜くと、強烈なシュートがGKアリソンの手を弾き、ゴールへ吸い込まれた。スアレスが代表復帰戦でいきなりゴールを決め、ウルグアイがスコアを2−2とした。

 ホームで2点リードを追いつかれたブラジルは、67分にフィリペ・コウチーニョ、78分にリカルド・オリヴェイラを投入して勝ち越しを目指したが、3点目を奪うことはできなかった。試合は2−2で終了。勝ち点1を分け合う結果に終わった。

 ブラジルは勝ち点を8に伸ばし、第5節終了時点で3位。ウルグアイは勝ち点10で2位をキープしている。ブラジルは次戦、29日の第6節でパラグアイとアウェーで対戦。ウルグアイは同日にペルーをホームに迎える。

【スコア】
ブラジル代表 2−2 ウルグアイ代表

【得点者】
1−0 1分 ドゥグラス・コスタ(ブラジル代表)
2−0 25分 レナト・アウグスト(ブラジル代表)
2−1 31分 エディンソン・カバーニ(ウルグアイ代表)
2−2 48分 ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)


■2018 ロシア・ワールドカップ南米予選 第5節結果
エクアドル 2−2 パラグアイ
ボリビア 2−3 コロンビア
チリ 1−2 アルゼンチン
ペルー 2−2 ベネズエラ
ブラジル 2−2 ウルグアイ

■2018 ロシア・ワールドカップ南米予選 第5節 順位表(勝ち点/得失点差)
1位 エクアドル(勝ち点13/+7)
2位 ウルグアイ(勝ち点10/+7)
3位 ブラジル(勝ち点8/+3)
4位 パラグアイ(勝ち点8/+1)
5位 アルゼンチン(勝ち点8/0)
6位 チリ(勝ち点7/−1)
7位 コロンビア(勝ち点7/−1)
8位 ペルー(勝ち点4/−5)
9位 ボリビア(勝ち点3/−4)
10位 ベネズエラ(勝ち点1/−7)

サッカーキング

ブラジルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ