U20日本代表、ドイツに惜敗…後半ロスタイムに遠藤が得点も一歩及ばず

3月26日(日)12時17分 サッカーキング

 ドイツ遠征を実施しているU−20日本代表は24日、地元のU−20ドイツ代表と練習試合を行った。日本サッカー協会(JFA)公式HPが伝えている。

 日本はGKに小島亨介(早稲田大)、DFは舩木翔(セレッソ大阪)、杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、板倉滉(川崎フロンターレ)、初瀬亮(ガンバ大阪)の4バック。中盤には三好康児(川崎)、原輝綺(アルビレックス新潟)、森島司(サンフレッチェ広島)、堂安律(G大阪)の4名が入り、小川航基(ジュビロ磐田)と岩崎悠人(京都サンガF.C.)が2トップを組んだ。

 試合は開始6分、中盤でボールを奪われるとフィニッシュまで持ち込まれ、失点を喫してしまう。日本は42分に小川がPKのチャンスを獲得するも、得点ならず。前半を1点のビハインドで折り返す。

 日本は後半開始から森島司と初瀬亮に代えて、冨安健洋(アビスパ福岡)と藤谷壮(ヴィッセル神戸)を投入する。しかし、76分に得点を奪われ、2点差とされてしまう。追いかける日本は後半アディショナルタイム、途中出場の久保建英(FC東京U−18)の落としを同じく途中出場の遠藤渓太(横浜F・マリノス)が決めて1点を返したものの、試合は1−2で終了。

 チームを率いる内山篤監督は、「十分やれるところ、負ける原因、両方が見えた試合。ちょっとした決定機やラストパス、もう一つのところで相手のボールになってしまった。抜け目なくやれるようにならないといけない」と試合を振り返った。

 日本は26日にMSVデュースブルクと、27日はベルギーでスタンダール・リエージュU−21と対戦する。

サッカーキング

「ドイツ」をもっと詳しく

「ドイツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ