巨人軍“全主力選手がクロ”の賭博大疑獄(3)裏組織の人間が話す関与した主力選手とは?

3月27日(日)9時56分 アサ芸プラス

 巨人は言わずと知れたスター集団だが、主力野手の関与者としてあげられた名前はいずれも一軍で活躍する有名な選手たちだった。

「いちばん悪いのはHだけど、つきあい程度で頼んでたIだってレートの高い麻雀賭博の席にまで顔を出してたって話だし、JもHを頼ってた。どいつもギャンブル好きだってな。とはいってもよ、野球賭博については遊び程度だったから、そんなに大きな額は動いてないって。結局、Hにしても野手組のをまとめたら笠原に頼むんだから、当然ながら首謀者は笠原だよ。Hが携帯にやり取りの記録を残すようなことはしてないから、証拠なんか出ねえだろ」(ヤクザ幹部)

 野球賭博関与を疑われる選手たちの名前は、一部マスコミの間でも噂されていたのである。

「Hは取材に対して友好的だったんですが、今季のキャンプ頃からピリピリしだして、『しゃべらないから、追いかけてこないでください』などと非協力的になったんです。確かにJも危ないと言われてますね。それに一軍、二軍を行き来する野手のKや先発が期待されている若手投手Lの名前まで話題に出ている。特にLに関しては社会部の記者がマークしているなんて情報もあります」(民放局プロ野球中継スタッフ)

 いずれにせよ、契約解除された席で「いろんな人の人生をむちゃくちゃにして、償っても償いきれない思いを死ぬまで引きずるだろう」と話すなど、自身も自覚している笠原氏が元凶のようだ。チーム内からは不謹慎にも「やられやがって! バレないようにやれよ!」という恨み節まで上がっているという。

「結局、最初に3人のクビ切りをした時、1億円とか、それなりの額の口止め料を払ってなかったからだろうな。3人で止まってれば、Bでもパクって終わりだったかもしれない。でも、4人目が出ちまったから、警察はどこまでめくるか。胴元をあげようと警察が本腰を入れたら、次々と主力がごっそりいなくなって、まともに試合ができなくなるなんてこともあったりするかもな」(前出・ヤクザ幹部)

 チーム内が野球賭博問題の火薬庫と化した巨人だが、開幕は待ってくれない。かつての高木のようにビクビクしながら過ごしている選手がいたとしたら、はたしてペナントで戦力になるのだろうか──。

アサ芸プラス

「賭博」をもっと詳しく

「賭博」のニュース

BIGLOBE
トップへ