全日本ロード:第2戦もてぎが11月に延期決定。鈴鹿8耐トライアウトは鈴鹿サンデーロードレースのみ

3月27日(金)15時22分 AUTOSPORT web

 3月27日、株式会社モビリティランドは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により栃木県のツインリンクもてぎで4月25〜26日に行われる予定だった全日本ロードレース選手権第2戦もてぎを延期し、11月14〜15日に開催することを発表した。


 全日本ロードは、JSB1000クラスのみが開催される、4月4〜5日の全日本スーパーフォーミュラ選手権と併催の鈴鹿2&4レースで、2020年シーズンが開幕する予定だった。


 しかし、3月2日に鈴鹿サーキットが同大会の延期をアナウンスしたことにより、第2戦もてぎで、ST1000、ST600、J-GP3クラスを含む全クラスが開幕することになっていた。そして今回の発表で、第2戦として設定されていたもてぎ大会も延期される判断が下され、11月の開催に変更された。


 一方で、3月25〜26日には鈴鹿サーキットで2輪の4メーカー合同テストが完了し、3月1日より臨時休園していたツインリンクもてぎの『モビパーク』、『ハローウッズ』、『ホンダコレクションホール』の営業再開を3月30日より行うことも決定している。


 そんななか第2戦もてぎが延期された要因は、ファンや選手、関係者の安全と安心を最優先に考慮したものだという。レースウイークとなると来場するファンの数が増えることや、首都圏周辺の1都5県に出された外出自粛要請等の状況も踏まえたものでもあるだろう。


 現時点では5月23〜24日にスポーツランドSUGOで開催予定の第3戦SUGOが全日本ロードの初戦となる見通しだが、こちらの開催も明確なものではないだろう。


 さらに、鈴鹿8時間耐久ロードレースのトライアウト2ndステージについては、第1戦鈴鹿2&4のレース1で予定され17枠の出場権獲得チームが決定するはずだったが、第1戦が延期となったため第2戦もてぎのレース1に移っていた。


 第2戦は出場権獲得が10枠に変更されて行われる予定だったが、一連の発表により2ndステージは中止されることになった。


 このことで鈴鹿8耐トライアウトも残すは5月16日開催の鈴鹿サンデーロードレースのみが対象となる。この変更に伴いFINALステージの選出チーム数は19〜39チームになり、主催者推薦は10チーム設けられることになった。


 各種チケットの払い戻し手続きについては、決定次第、ツインリンクもてぎ公式ホームページで案内される。チケットは詳細決定まで保管が必要になるため注意していただきたい。


AUTOSPORT web

「鈴鹿」をもっと詳しく

「鈴鹿」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ