契約延長難航のノイアー…独紙が移籍先について言及!

3月27日(金)18時0分 FOOTBALL TRIBE

マヌエル・ノイアー 写真提供: Gettyimages

 バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーは今夏の移籍市場で新天地へと移る可能性があるようだ。27日、ドイツ紙『ビルド』が報じている。

 現在、ノイアーはバイエルンとの契約を2021年まで残している。しかし、ここにきて新たな長期契約を求めるノイアーとバイエルンの間に意見の相違が生まれているようだ。

 同紙はノイアーの移籍先の可能性としてチェルシーを挙げ、フランク・ランパード監督がもはやケパに100%の満足感を抱いておらず、直近の試合ではカバジェロが出場したことを挙げている。

 また英紙『サン』はケパについて、「ケパの状況は難しいものだ。ベンチに座ることになるのならば、彼は移籍を選ぶだろう。チェルシーはノイアーにとって1つのオプションになるだろう。しかし、ケパの市場価値は高く放出することも難しくなるだろう。他のトップクラブは既にトップクラスのキーパーをそろえているからだ」とコメントしている。

 またバイエルンは既に来シーズン、シャルケからドイツの期待の若手GKアレクサンダー・ニューベルの獲得が決定している。はたしてノイアーはバイエルンを離れ、新天地でプレーすることになるのだろうか。

FOOTBALL TRIBE

「ノイアー」をもっと詳しく

「ノイアー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ