ザルツブルク指揮官、南野拓実のリバプール移籍を振り返る!「とても名誉なこと」

3月27日(金)11時15分 FOOTBALL TRIBE

南野拓実 写真提供:Gettyimages

 レッドブル・ザルツブルクのジェシー・マーシュ監督が今冬の移籍市場でリバプールに移籍した日本代表FW南野拓実について言及した。26日、ドイツメディア『SPOX』が伝えている。

 1月に移籍金725万ポンド(約10億7000万円)程でリバプールに加入した南野。リバプールとは4年半の契約を締結した。そんな南野の移籍についてマーシュ監督は「とても名誉なこと」と語っている。

ジェシー・マーシュ

「タキ(南野)は11月の会談で冬の移籍市場で移籍することを望んでいた。私たちは彼が次のステップについて考えることをサポートしたよ。

結局彼はチャンピオンズリーグを優勝したクラブへ移籍した。この契約はクラブにとっても大きな意味をもたらす、非常に名誉なことだ」

FOOTBALL TRIBE

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ