ドイツ代表、8試合ぶり失点で記録途切れる。イングランドは予選無失点維持

3月27日(月)7時21分 フットボールチャンネル

 ドイツ代表は、現地時間26日に行われたロシアW杯欧州予選のアゼルバイジャン戦でゴールを奪われたことで、7試合連続の無失点記録が途切れることになった。

 ドイツ代表が前回失点を喫したのは、フランス代表に0-2で敗れたEURO2016準決勝。その後はW杯予選の4試合と国際親善試合3試合の7試合にわたって無失点が続いていた。

 DFB(ドイツサッカー連盟)は22日のイングランド戦を終えたあと、7試合連続の無失点が同国の歴代最長記録だと発表していた。だがアゼルバイジャン戦では1点を先制したあと31分に同点ゴールを奪われ、679分ぶりの失点を喫することになった。その後3点を加えたドイツは4-1で勝利している。

 ドイツが今回のW杯予選で初めての失点を喫する一方で、イングランドはリトアニアに2-0の勝利を収めて5試合連続のクリーンシート。欧州予選の日程の半分を終えた段階で無失点を守る唯一のチームとなっている。

フットボールチャンネル

「ドイツ」をもっと詳しく

「ドイツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ