スペイン代表も招集望んだ22歳DF、そのスペインとの試合で仏代表にデビュー?

3月27日(月)12時41分 フットボールチャンネル

 フランスサッカー連盟(FFF)は26日、アスレティック・ビルバオに所属するDFエメリック・ラポルトをフランス代表に追加招集したことを発表した。セビージャのDFアディル・ラミが負傷による離脱を強いられ、その代役としての招集となる。

 フランスの各年代の代表チームでプレーしてきたラポルトだが、まだA代表にはデビューしていない。スペイン代表も招集に関心を示し、以前にはスペイン国籍取得に向けた手続きを行うとも報じられていた。

 昨年10月にはロシアW杯予選の試合を戦うフランス代表に初招集されたが、試合には出場しなかったため、まだスペイン代表を選択できる可能性は残されている。だが、28日に行われるスペイン代表との国際親善試合でフランス代表にデビューすることになるかもしれない。

 ラポルト自身は先日、フランス代表を選択することに迷いはなくなったと主張していた。「スペインのことはもう忘れた。迷いはあったが、もう片付いたことだ」とビルバオの地元メディア『ラジオ・エウスカディ』に話している。

フットボールチャンネル

スペインをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ