田中将大がブルペン入り 打席で球筋を見た同僚は復調確信「本当に堅実」

3月27日(日)9時22分 フルカウント

ブルペンでエルズベリーが左打席へ、「調子は良さそうだった」

 23日(日本時間24日)のナショナルズとのオープン戦で、4回を投げて2被弾を含む9安打7失点と乱調だったヤンキースの田中将大投手は26日(同27日)、ブルペンで投球練習を行った。日本人右腕が32球を投げる中、ジャコビー・エルズベリー外野手が打席へ。その球筋を観察したリードオフマンは、エースの復調に太鼓判を押した。

 ジョージ・スタインブレナー・フィールドでキャッチボールを終えた田中は、並んで投球練習を行ったCC・サバシア投手や、ラリー・ロスチャイルド投手コーチとともにブルペンに向かった。そして、20日(同21日)のブレーブス戦で手首に死球を受け、リハビリ中のエルズベリーが、左打席に入った。

「彼の調子は良さそうだった。打席からボールをよく見ることができたけど、良かった。コントロールがよく、多彩なボールを投げていた。ストライクも決まっていた。すごく流麗だったね。そして、本当に堅実なピッチングだと思う」

 2013年にレッドソックスのワールドシリーズ優勝に貢献後、ライバル球団のヤンキースと7年総額1億5300万ドル(約173億円)の大型契約を結び入団。レッドソックス時代に3度の盗塁王に輝くなど、スピードを武器にするリードオフマンは、田中の投球内容を称えた。

田中はナショナルズ戦で乱調も、エルズベリーは「個人的には問題ないように見えた」

 田中はこの日、ナショナルズ戦でホームランを浴びるなどラリー・ロスチャイルド投手コーチから問題と指摘されたスライダーも6球投げた。その球筋を見たエルズベリーは、復調に太鼓判を押している。

「僕は彼のナショナルズ戦での先発試合を見ることができなかった。でも、今日は良かった。ここ数日で久しぶりに彼のピッチングを見たけど、彼は堅実そのもの。彼が自分自身についてどう表現していたかはわからないけど、個人的には問題ないように見えた」

 ブルペンでの投球を終えると、ロスチャイルド投手コーチらとともに、意見交換を行うシーンも。エルズベリーは「まずは『ブルペンで打席に立たせてくれてありがとう』と感謝の気持ちを伝えた。嫌がるピッチャーもいるんだよ。打席に立たせてくれて、ボールを見せてくれてありがとうと。そして、いいボールだったよ、と伝えておいた」と振り返った。

 通訳を通じて感謝と激励を済ませたという心優しいリードオフマンは、エースの復調を確信している様子だった。

フルカウント

ブルペンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ