秀岳館が選抜1試合3本塁打で圧倒 春の甲子園1試合最多弾は?

3月27日(日)12時49分 フルカウント

南陽工戦で3発16点を奪った秀岳館

 第88回選抜高校野球は大会8日目の第1試合が終了。秀岳館(熊本)が投打で南陽工(山口)を圧倒し、16-0でベスト8に駒を進めた。

 初回に松尾が3ラン、5回に天本も3ラン、8回に廣部がソロとパワーを発揮。1試合3本のアーチが待った。

 センバツ大会の記録を見ると上には上がいる。1984年1回戦、PL学園(大阪)が砂川北(北海道)に18-7で勝利。この試合で19安打の猛打に、6本の本塁打が出ている。内訳は巨人のエースとして活躍した桑田が2本、西武、巨人などでプレーした清原が1本、鈴木、黒木、旗手がそれぞれ1本を放っている。

 この年、PL学園は決勝に進出。しかし、決勝戦で岩倉(東京)に0-1で敗れ、準優勝となっている。

フルカウント

秀岳館をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ