ダルビッシュの開幕投手、レ軍左腕エースも祝福「本当にスペシャルなこと」

3月27日(月)20時27分 フルカウント

渡米6年目で初の開幕投手を務めるダルビッシュ

 今季の開幕投手に指名されたレンジャーズのダルビッシュ有投手。渡米6年目で自身初の大役を務める右腕に、昨季開幕投手を務めた左腕エース、コール・ハメルズが祝福のコメントを寄せている。地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」電子版がレポートしている。

 ジェフ・バニスター監督は4月3日(日本時間4日)のインディアンスとの開幕戦でダルビッシュを先発させることを発表。その方針に対して、昨季開幕投手を務めた2枚看板の一人も祝福しているという。

 地元紙は「コール・ハメルズは開幕戦で観衆となる。そして、彼はそれを楽しむことだろう」とレポート。ハメルズが「開幕日にチームを牽引できるのは本当にスペシャルなことなんだ。でも、しばらくすれば、そこまで大事ではなくなるんだ、最初はとてつもないことだけどね。僕は彼のピッチングを見ることができて、ワクワクしている。彼が開幕投手を務めたことがないというのは知らなかった。彼が開幕投手となって、僕は嬉しいんだ」とコメントしたことを紹介している。

ハメルズが自身に課すハードルとは…

 2008年にフィリーズでワールドシリーズMVPに輝いた経験を持つメジャー12年目の左腕は2015年シーズン途中にトレードで加入。昨季は15勝5敗で防御率3.32をマーク。200回2/3を投げ、200奪三振も記録しており、抜群の安定感を見せた。

 そんなベテランには自身に突きつける課題があるという。8年連続の200イニング登板だ。

「成熟度の問題だね。いかにリラックスするか知ることが大事。自分がスーパーマンではないと認めなければいけない。無敵ではないんだ、とね。活躍するために、全てのボールを全力で投げる必要はないんだ。賢く、有効な手立てを引き出していかなければならない」

 ハメルズは記事の中でこう語っている。ダルビッシュとともにレンジャーズの先発ローテーションを支える33歳左腕はベテランの妙味を示していくつもりのようだ。

フルカウント

「ダルビッシュ」をもっと詳しく

「ダルビッシュ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ