ベテラン選手の影響は?=AFP通信、東京五輪延期で

3月27日(金)16時40分 時事通信

 東京五輪が来年に延期されたことを受け、AFP通信が26日、影響が出そうなベテラン選手を紹介した。
 テニスでは男子のロジャー・フェデラー(スイス)が来年8月に、女子のセリーナ・ウィリアムズ(米国)も同9月に40歳となる年齢面を強調。陸上短距離の米国勢は男子のジャスティン・ガトリン(38)が2020年シーズン、女子のアリソン・フェリックス(34)は東京五輪を最後に引退する予定だったが、現役生活が延びることになった点に注目した。
 男子ゴルフのタイガー・ウッズ(44)=米国=は、現在のランキングでは出場は厳しかったが、延期で可能性が出てきたプラス面を取り上げた。 

[時事通信社]

時事通信

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ