12球団すべてで外出禁止または自粛/コロナ対応

3月27日(金)8時0分 日刊スポーツ

甲子園球場の通路を消毒する作業員ら

写真を拡大


阪神藤浪晋太郎投手(25)が「嗅覚」異常を訴え、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応が出たことが26日、分かった。日本プロ野球機構(NPB)の選手の感染は初めて。3月14日に藤浪と食事をともにした2選手も「味覚障がい」に類似した症状を申し出ているという。球団は最低1週間の活動休止を決定し、チームは事実上の解散状態。矢野監督や選手らは自宅待機を命じられ、目指す4月24日開幕にも大きな影響が出そうな非常事態に陥った。
   ◇    ◇    ◇
以下は12球団のコロナウイルス拡散に対する対応状況。
◆巨人 2日にオープン戦遠征中の外出禁止を決定。
◆阪神 藤浪のPCR検査実施を受け、26日から1週間の自宅待機。
◆DeNA 2日から監督、選手、スタッフについて遠征時は原則的に外出禁止。寮生も原則外出禁止。
◆広島 外出、外食の自粛を呼びかけ、13日福岡遠征からは外出する場合に行き先と同行者をマネジャーに報告。
◆中日 3日に遠征先等での外出禁止を決定。
◆ヤクルト 選手、スタッフに外出、外食について自粛を呼びかけていたが、24日の広島遠征から外出禁止。
◆西武 選手、スタッフに外出、外食について自粛を呼びかけていたが、26日、原則禁止となった。
◆ソフトバンク 7、8日の横浜遠征から不要不急の外出自粛を要請。15日の広島遠征でも同様。
◆楽天 3日に静岡遠征に参加する選手、スタッフを含むチーム関係者の外出禁止を発表。2月15日から外出制限を行っていた。
◆ロッテ 2月キャンプインから毎朝全選手の検温を実施し、若手選手の外食は原則禁止。
◆日本ハム 2月29日に選手に対し、外出禁止を通達。
◆オリックス 監督、選手、スタッフについて遠征時は原則的に外出禁止。寮生も原則外出禁止。

日刊スポーツ

「プロ野球」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「プロ野球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ