コロナ陽性阪神藤浪、伊藤隼入院 長坂はすでに入院

3月27日(金)15時19分 日刊スポーツ

阪神の長坂拳弥(左)と伊藤隼太(中)と藤浪晋太郎

写真を拡大


阪神球団は27日、PCR検査で新型コロナウイルスの陽性判定を受けた藤浪、伊藤隼が大阪府内の病院に入院することになり、長坂はすでに兵庫県内の病院に入院したことも発表した。
入院期間については明らかになっていない。ただ、3選手の症状について、揚塩球団社長は「3名ともせきもなく、熱もなく、倦怠(けんたい)感もなく、今までコロナの証言で言われていた症状はございません。ただ嗅覚、味覚につきましてはまだ減退しております。昨日、一昨日よりは良くなっている報告は聞いておりますが、まだ少し嗅覚、味覚については支障が出ているというふうに聞いております」と語った。

日刊スポーツ

「入院」をもっと詳しく

「入院」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ