ハリル、ホームでのタイ撃破誓う「とにかく勝利を。失敗してはならない」

3月27日(月)21時27分 サッカーキング

タイ代表戦の前日会見に臨んだハリルホジッチ監督 [写真]=三浦彩乃

写真を拡大

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、28日に控えた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第7節のタイ代表戦を前に、前日会見に臨んだ。

 23日にUAE(アラブ首長国連邦)代表を2−0と破り、グループBの2位をキープした日本代表。3位のオーストラリア代表との勝ち点差は「3」に開き、残りは4試合となった。

 ハリルホジッチ監督は「試合が迫ってきた。UAE戦でも素晴らしい試合をしたが、選手には『この価値は次の試合に勝つことによって生まれるんだ』と言った。『UAE戦の次はタイ戦だぞ』と。たくさんの人が簡単な試合だと思っているかもしれないが、私はその逆だと思っている。これは難しい試合になる。ちょっとの気の緩みが受け入れられない結果を招く。タイはいいチームなので気をつけないといけない。とにかく、勝利を求めている」と、タイ代表への警戒を強調した。

 UAE代表戦後、FW大迫勇也(ケルン)とMF今野泰幸(ガンバ大阪)、MF高萩洋次郎(FC東京)が離脱を強いられることとなった。ハリルホジッチ監督は「本当に、今野と大迫の不在は我々に不利に働くと思う。UAE戦のパフォーマンスが素晴らしかった。もちろん長谷部(誠)のケガもある」と、選手たちの離脱についてコメント。以下のように続けた。

「難しいが、現実を見なければならない。他のソリューションを見つけなければいけないし、他の選手にチャンスを与えなければいけない。今朝も言ったが、『チャンスがあるならば、行動を起こしなさい』と。なぜならば、競争は全てに存在しているからだ」

「もっと、モチベーションが上がっている状態になった。チームのために、ケガ人のためにも試合をしないといけないというモチベーションだ。この試合に勝つためのあらゆる努力をしてくれると期待している」

 選手たちの奮起に期待していると語ったハリルホジッチ監督は、中4日で迎えるタイ代表戦に向けて、「W杯への門が開いているというのに、本当に選手にモチベーションがなかったら、疑問を抱かなければいけない。今日は対話形式というよりは選手に向けて発信をした。名声、威厳のある戦いになる。UAE戦の後に気を緩めてしまったら、プロとしての失敗だ。チームが歴史を作っていくうえでも、彼らが責任を持って作っていくべきだ。もちろんスタッフとともに(選手たちを)ガイドしていくわけだが、引き連れるための経験が私にはある」と、改めて気を引き締め、W杯本大会出場への自信も示した。

「このチャンスを絶対に手放してはいけないと思っている。埼玉(スタジアム)が満員になることも分かっている。雰囲気の面で、ダイナミックさを作ることができた。サポーターの皆さんがさらにそれを手助けしてくれると思う。だから、このチャンスで絶対に失敗してはいけない。絶対にタイを過小評価してはいけない。クオリティーもあるチームだと思っている」

 そしてハリルホジッチ監督は、「このアウェイでの勝利(UAE代表戦)はおそらく自信、経験といったものをもたらした。アウェイで勝つと新たな義務が生まれる。この勝利で満足してはいけない。続けることが大事だ。明日、またさらに新たな勝利が生まれて、さらに重要な義務が生まれる。そうすることでチームが成長する」と勝利を誓い、「このチームの将来だけではなく、日本サッカー全体の将来も我々は抱えている。数年前に良くない結果を残して、去年から徐々に成功が始まったと言っていい。今のところ良い結果が生まれている。日本のフットボールにおけるショーウインドーはA代表だ。A代表が良い結果を生めば、ショーウインドーがより美しくなると思っている。私が率いる3チーム目のチームとしてW杯に連れていきたい。今まで以上にこのプロジェクトにハードワークして臨みたいと思っている。これを失敗するような愚かなことはしないつもりだ」と、W杯出場権獲得への強い決意を語った。

 日本代表とタイ代表の一戦は、28日19時35分に埼玉スタジアムでキックオフを迎える。

サッカーキング

ハリルジャパンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ