D・コスタが練習中に足首を負傷…骨に異常なしもフランス戦は欠場か

3月27日(月)12時23分 サッカーキング

イスラエル戦にフル出場したスペイン代表のD・コスタ(左) [写真]=NurPhoto via Getty Images

写真を拡大

 チェルシーに所属するスペイン代表FWジエゴ・コスタが、同代表の練習中に負傷したようだ。26日付のスペイン紙『マルカ』が報じている。

 D・コスタは、25日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループGの第5戦イスラエル代表戦に先発出場。1ゴールを挙げるなどフル出場を果たし、スペインの4−1の勝利に貢献していた。

 同紙によると、D・コスタは練習中に足首を負傷し、痛みが引いた後に病院で検査を受けた模様。骨には異常がなく重傷ではないとみられるが、28日に行われるフランス代表との親善試合は欠場する恐れがあるという。

 今シーズン、プレミアリーグの得点ランキング4位となる17ゴールを挙げ、首位を走るチェルシーの得点源となっているD・コスタ。具体的な離脱期間は報じられていないが、離脱となればチェルシーにとって痛手となりそうだ。

サッカーキング

負傷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ