イングランド、3年ぶり代表復帰のデフォー弾などで勝利…F組首位をキープ

3月27日(月)7時9分 サッカーキング

先制点を挙げたイングランド代表FWデフォー(右) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選が26日に行われ、イングランド代表とリトアニア代表が対戦した。

 第4節終了時点で3勝1分けの勝ち点10でグループFの首位に立つイングランド。グループステージの折り返しとなる今節は、勝ち点5で4位のリトアニアをホームに迎えた。先発メンバーには、GKジョー・ハート(トリノ)やMFデレ・アリ(トッテナム)、MFラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)、2013年11月以来の代表招集となったFWジャーメイン・デフォー(サンダーランド)らが入った。

 試合は開始21分、ホームのイングランドが先制に成功する。左サイドでボールを受けたスターリングがドリブルで相手DFを置き去りにし、エリア内左に侵入。左足でグラウンダーのクロスを供給すると、中央でデフォーが右足で合わせ、ゴール右に突き刺した。前半はイングランド1点リードで折り返す。

 後半に入って60分、追加点を狙うイングランドは選手交代。先制点を生んだスターリングとデフォーを下げ、ジェイミー・ヴァーディとマーカス・ラッシュフォードをピッチに送り込んだ。

 すると66分、イングランドは細かいパス交換でゴールに迫る。右サイドのカイル・ウォーカーがエリア内中央のアダム・ララーナに鋭いパスを入れる。これをララーナがダイレクトでエリア内右のヴァーディへパス。上手くコントロールすると、右足でゴール右に流し込んだ。

 試合はこのまま終了し、2−0でイングランドが勝利。勝ち点を「13」まで伸ばし、グループFの首位を守っている。一方のリトアニアは5位に転落した。

【スコア】
イングランド代表 2−0 リトアニア代表

【得点者】
1−0 21分 ジャーメイン・デフォー(イングランド)
2−0 66分 ジェイミー・ヴァーディ(イングランド)

サッカーキング

「イングランド」をもっと詳しく

「イングランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ