岡崎、代表FW陣の競争激化を歓迎「楽しい。その中で結果を出せれば」

3月27日(月)22時21分 サッカーキング

タイ代表戦の前日練習に臨んだ岡崎慎司(中央) [写真]=三浦彩乃

写真を拡大

 日本代表は28日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第7節でタイ代表と対戦する。前日練習を終え、FW岡崎慎司(レスター)が試合の展望を語った。

 岡崎は「タイがどのように戦ってくるかは明日になってみないとわからないですけど、うまく(パスを)繋いでくるチームだと思うし、今までの(最終)予選も負けてはいますけど、善戦もしていて、勝てる試合もあったと思います。それはビデオでも見ているので、そういうチームに対して自分たちがアグレッシブに戦えるかがポイントになってくると思います。もし(自陣に)引いてきた場合は自分たちが攻めていかなきゃいけないので、そのイメージで練習をしました」と、タイ代表が守備を固めてきた場合を想定してトレーニングを行ったと明かした。

「(相手に)引いて守られた時にあんまりスペースがなくても、自分の中でタイミングよく迫力を持って(ゴール前へ)入ることが大事になってくるし、そういう部分は自分の持ち味でもあるので、そういう部分をタイ戦で出せれば自分もゴールを決められるんじゃないかなと思っています」

 W杯最終予選の直近2試合では、FW大迫勇也(ケルン)が先発メンバーに名を連ねている。岡崎はFW陣の競争が激化していることについて、「若手FWが頭角を現している?」と質問を受けると、「ホントに日本代表として頼もしいと思うし、自分が同じFWとして参考になることもいっぱいあるので、一緒に成長していければいいと思うし、刺激をもらっているので、自分も強い気持ちを持って、試合に臨んでいきたいという気持ちでいます」と、ライバルたちとの切磋琢磨を誓っていた。

 そして岡崎は「他の選手の参考になるプレーもいっぱいあるので、そういうところを見て、さらに自分がポジションを奪い合っていくというところがすごく楽しいので、競争の中でチームとしても結果を出せればいいと思っています。いつも通りというか、今まで通り、強い気持ちを持ってサッカーをしています」と、ポジション争いの激化を歓迎していた。

 23日にUAE(アラブ首長国連邦)代表を2−0と破り、グループBの2位をキープした日本代表。3位のオーストラリア代表との勝ち点差は「3」に開き、残りは4試合。タイ代表との一戦は、28日19時35分に埼玉スタジアムでキックオフを迎える。

サッカーキング

「タイ」をもっと詳しく

「タイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ