リヴァウド氏、古巣バルサの補強に言及「ラウタロよりネイマール」

3月27日(金)16時35分 サッカーキング

インテルに所属するL・マルティネス(左)とPSGに所属するネイマール(右) [写真]=Getty Images

写真を拡大

 元ブラジル代表FWリヴァウド氏が、自身の古巣でもあるバルセロナについて語った。26日付けでスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 攻撃陣の補強を目指すバルセロナは、来夏にもインテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの獲得へ動くと見られている。しかしリヴァウド氏は、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールを獲得すべきだと考えているようだ。以下のように語っている。

「ラウタロは今のところ、バルセロナの解決策にはならない。彼はまだ22歳であり、選手としてもっと経験を積み進化する必要がある。だからネイマールの獲得こそ、補強を実現するための優先事項だろう。彼を元に戻し、かつて構成していた破壊的な攻撃陣を再構築することに、集中すべきだと思うね」

「バルセロナはネイマールの獲得のために努力をすべきだ。特に今は、PSGもオファーを受け入れる準備ができているように見える。彼を獲得するのは困難ではないだろう」

 クラブのレジェンドが勧めるネイマールの獲得だが、果たしてバルセロナは補強を実現できるのだろうか。

サッカーキング

「ネイマール」をもっと詳しく

「ネイマール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ