黒田博樹「カープ愛」貫く 妻子を米国に残しての単身赴任

3月27日(金)16時0分 NEWSポストセブン

「これ優勝ですわ」。3月19日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、広島東洋カープのキャンプ地を訪れたチュートリアル・徳井義実(39才)は、恍惚の表情を浮かべながらそうつぶやいた。


 この日の放送は、広島ホームテレビで視聴率20.5%を記録。徳井のほかにも有吉弘行(40才)やアンガールズの田中卓志(39才)と山根良顕(38才)などが熱狂的なファンを公言し、最近ではイケメン選手を目当てに「カープ女子」と呼ばれる女性ファンも急増しているが、今特に広島の町を大フィーバーさせているのが、今年メジャーから復帰した黒田博樹投手(40才)だ。


 1996年に入団しエースとして活躍した黒田は、2008年にロサンゼルス・ドジャースに入団すると、2012年にはニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。


「日本で、カープで、野球をすることのほうが一球の重みを感じられるのではないかと判断した」


 2月の会見で明かしたそんな復帰理由に加え、年俸20億円ともいわれるオファーを蹴って、年俸4億円のカープを選んだ黒田の男気も大きな話題を呼んだが、モチベーションやお金の問題以上に彼の頭を悩ませたのが、家族の存在だったという。


「アメリカに渡る際、黒田は奥さんと2人の娘さんも連れて行き、その後ロスに一戸建てを購入したんです。今回日本に帰ってきた黒田ですが、奥さんたちはアメリカでの生活が合っていたこともあり、彼は妻子をロスに残しての単身赴任となりました。自分の“カープ愛”のために、家族の生活環境を無理に変えたくなかったんでしょう」(スポーツ紙記者)


※女性セブン2015年4月9・16日号

NEWSポストセブン

「単身赴任」のニュース

BIGLOBE
トップへ