【阪神】コロナ陽性は藤浪晋太郎、伊藤隼太、長坂拳弥と球団が発表

3月27日(金)14時30分 スポーツ報知

阪神の(左から)長坂拳弥、藤浪晋太郎、伊藤隼太

写真を拡大

 阪神は27日、甲子園球場に隣接する室内練習場で会見を開き、藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)の3選手が26日に大阪府内の病院で新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性反応が出たと発表した。

 3人は14日夜に他の4選手を含む計12名で、知人宅で食事した。この場が感染機会となったかと問われた揚塩球団社長は「これはまだ確定しておりません。限定もしておりません」と話したものの「ただこの2週間の行動をヒアリングしますと、複数名の会食でその3名が入っておりましたので、主にそこを重点的に調べているところです」と明かした。

 3人は現在、熱やせきなどの症状はないが、長坂は27日未明に兵庫県内の病院に入院した。藤浪、伊藤隼についても保健所からの入院先の指示などを待っている状態だという。さらに球団は接触したとみられる他の選手やスタッフについても保健所に行動履歴などを提出。PCR検査を含めた新たな対応を模索していく。

 NPBは4月24日の開幕を目指すという方針を変えていない。揚塩球団社長は「できるだけその日にちに間に合うように努力していきたい。ただこれも監督官庁のご指導もありますし、色々の状況をみて、我々ができることを精いっぱいしながら、努力していきたい」と明かした。

スポーツ報知

「新型コロナウイルス」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「新型コロナウイルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ