J臨時実行委員会 リーグ戦成立は「全日程の75%消化、各クラブ50%消化」が条件

3月27日(金)15時38分 スポーツニッポン

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦を中断しているJリーグは27日、ウェブ会議で第3回臨時実行委員会を実施。この日は「試合日程」「競技の公平性」「観戦環境対策」「財務担当」と4つのプロジェクトについてに協議した。

 まずリーグ戦成立には「各リーグとも全試合数の75%消化、各クラブのリーグ戦50%以上の消化」が条件とされた。条件に満たない場合は昇格や順位決定、賞金、各表彰も実施されない。また今季のJ1参入プレーオフは実施せず、上位カテゴリーのライセンスを保有しないクラブの昇格は認められないことも確認された。

 現在、J1が5月9日、J2が5月2日、J3は4月25日の再開を目指している。代替日程は4月8日にも発表される見込み。現在、ホームスタジアムの確保状況を問うアンケートを各クラブに実施している。また台風など自然災害に備え9月以後の日程には余裕を持たせるため、代替試合は前半戦に組み込む方針。最終節は従来の12月5日となる見込みで東京五輪の延期で空白となった7月も真夏の開催となるが、連戦は避けられない状況となった。

スポーツニッポン

「条件」をもっと詳しく

「条件」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ