開幕どうなる…NPB井原事務局長「今は24日開幕を目指す」

3月27日(金)12時28分 スポーツニッポン

井原敦事務局長

写真を拡大

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は27日、阪神・藤浪晋太郎投手が新型コロナウイルスに陽性反応を示したことを受け、都内で対応した。

 選手では初の罹患者となった。プロ野球が目指している4月24日の開幕へ、影響を及ぼしかねないが「これをきっかけに考えることはない。今は24日開幕を目指す。コミッショナーも言いましたが、完全こだわるわけではない、目指すということで準備を進めている」と話した。

 チーム内に陽性者が出た際の対応については、12日の第3回新型コロナウイルス対策連絡会議でガイドラインが示された。専門家チームの座長を務める賀来満夫氏は「陽性者が一人出たら全員自宅待機になるかについては、個々のケースで考えていこうという結論。感染が広がらないようにするのが大前提。その上でバックアップすることを考えていきたい」と説明していた。

スポーツニッポン

「NPB」をもっと詳しく

「NPB」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ