イブラ、プレミアからの関心認める「たくさんのことを解決しなくては」

3月28日(月)6時34分 フットボールチャンネル

 今季限りでパリ・サンジェルマンとの契約が満了となりフランスを離れることを明言しているズラタン・イブラヒモビッチ。スウエーデン代表に参加している怪物FWがプレミアリーグからの関心を認めた。

 英紙『ミラー』など複数メディアによれば、29日のチェコ戦を前に口を開いたイブラヒモビッチが「プレミアリーグから関心を示されている。それは認めよう。あのリーグは世界中の人々やファンの話題になっている。夏に移籍するつもりならたくさんのことを解決しなくてはならないが」と発言したという。

 すでにアーセナルが具体的なオファーを提示したとされ、他にもマンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、マンチェスター・シティといったビッグクラブがこぞって獲得に乗り出していると見られる。34歳になってもイブラヒモビッチの人気は衰えを知らない。

 ジョゼ・モウリーニョ監督の就任が噂されるユナイテッドがイブラ争奪戦で優位に立っているとされるが、アーセナルは破格の給与で加入を打診しているようだ。

 行く先々のクラブにタイトルをもたらしてきた“優勝請負人”は、果たして来季何色のユニフォームに袖を通しているか。各国の強豪による争奪戦は激しさを増している。

フットボールチャンネル

プレミアリーグをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ