リバプール、昨季二桁アシストの蘭代表DFに熱視線。仏代表戦にスカウト派遣も

3月28日(月)10時1分 フットボールチャンネル

 リバプールが、エールディビジのPSVに所属する21歳のオランダ代表DFイェトロ・ウィレムスの獲得を検討しているようだ。英メディア『90min』が報じている。

 同メディアによると、リバプールは現地時間25日に行われたフランス対オランダの親善試合にスカウトを派遣していたとのこと。目的はウィレムスの視察だったようだ。同選手の市場価値は1100万ポンド(約17億6000万円)とされている。

 ウィレムスは開幕前に足を負傷し長期離脱していたが、今年1月のトゥウェンテ戦から戦列復帰。今季は公式戦14試合に出場している。オランダ代表としては通算17試合の出場経験があり、フランス代表戦では先発出場していた。

 昨季はリーグ戦で2得点13アシストを記録する活躍を見せ、リーグ優勝に貢献している。ウィレムスのポジションは左サイドバックで、リバプールに加入するようなことがあればアルベルト・モレノの強力なライバルとなりそうだ。

フットボールチャンネル

スカウトをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ