アンリ氏、アーセナル監督就任に否定的「まだ学ぶべきことがたくさんある」

3月28日(火)11時31分 フットボールチャンネル

 アーセナルのレジェンドであるティエリ・アンリ氏は、自身がアーセン・ヴェンゲル監督の後任になるのはまだ早すぎると感じている。フランス『カナル・プリュス』に対するインタビューの内容を英複数メディアが伝えた。

 1996年からアーセナルを率いるヴェンゲル監督は、今シーズン限りでの退任が話題になっている。そこで、現在ベルギー代表でアシスタントコーチを務めているアンリ氏を後任に推す声も出ているところだ。

 だが、アンリ氏はまだ自身が未熟だと感じているという。元フランス代表のオリビエ・ダクール氏とのインタビューで次のように語った。

「私次第ではない。尊重すべきことがある。アーセナルは私の心のクラブだけど、監督をやりたいといったら自動的にその仕事をもらえるなんてことではない」

「みんなはいろいろなことを話す。私がそれを止めることはできない。ただ、私は今、ベルギー代表にいるんだ。準備できているか、できていないか、それは分からない。ただ、私はまだたくさんのことを学ばなければいけない」

 将来的にアンリ氏がアーセナルの監督になる可能性があるとしても、もう少し先の未来になりそうだ。

フットボールチャンネル

「アーセナル」をもっと詳しく

「アーセナル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ