宇佐美貴史、ウクライナから『個』を学ぶ「チームの決まり事もある中でやっぱり・・・」

3月28日(水)3時6分 フットボールチャンネル

【日本 1-2 ウクライナ キリンチャレンジカップ】

 日本代表は27日、キリンチャレンジカップでウクライナ代表と対戦し1-2で敗れた。

 後半終盤からピッチに立った宇佐美貴史は、『個』での打開の重要性を語っている。

「2得点目なんていうのは完全に左サイドのシャルケの選手が2人ちぎって、ハーフウェーラインに近いところらからちぎってチャンスを作っている。ああいうシーンを見ても、チームの決まり事もある中でやっぱり個で剥がしていく選手の重要性っていうのはベンチで見ていて思いました」

 宇佐美は相手を翻弄し、抜き去ることができる選手だ。「いいものを見られた」と、ウクライナの選手から学ぶものがあったようだ。

「相手からも盗めるものはあると思う。個でどれだけ打開していけるかとか、どれだけ個のイメージだったりアイディアがチームの連動性を作り出せるかってところも今、こだわってフォルトゥナでやっていること。

 そういう部分を磨いて、ギアを上げて、結果を出して、ワールドカップメンバーに食い込んでいくチャンスをどんどん広げたいと思います」

 ワールドカップが迫ってきている中、宇佐美は「ゼロの状態からここに来られたっていうことは少し可能性を広げることはできた」と言う。そして、こう続けた。

「ここからどれだけ広げられるかは自分のパフォーマンス次第。今回の2試合も切り替えて、自分の所属チームでやっていくしかないと思います」

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「ウクライナ」をもっと詳しく

「ウクライナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ