ホークス和田、1592日ぶり本拠地マウンドへ 「またゼロからのスタート」

3月28日(月)21時25分 フルカウント

5年ぶり復帰の左腕、29日の本拠地開幕戦へ「不安打ち消す準備してきた」

 敵地での開幕カードを1勝1敗1分で終えたソフトバンクは、29日からヤフオクドームでホーム開幕カード(西武戦)を戦う。

 地元開幕戦を任されたのは、5年ぶりに日本球界に復帰し、オープン戦で防御率0.00という最高の結果を残した和田毅だ。

「ホーム開幕戦なので、チームを勝ちに結びつけられるピッチングができればと思います。そして、ファンのみなさんにいい報告ができればいいですね。

 オープン戦の成績をいいモチベーションにしたい気持ちはありますが、オープン戦と本番(公式戦)は別。またゼロからのスタートだと思っています。やっぱり1つ勝つまでは不安なもの。でも、それを打ち消す準備はしてきました」

2011年11月19日以来となるヤフオクドームのマウンド

 明日29日の対戦は、開幕カードでリーグトップのチーム打率.279を誇る西武打線が相手。また、エース・岸孝之との投げ合いにもなる。

「走者を出さないように意識しすぎて四球で(走者を)貯めてしまうのが一番いけないことなので、どんどん攻めていきますよ。岸くんはいいピッチャーだからロースコアの展開になるでしょうが、岸くんよりも1点少なく抑えることができるようにがんばります」

 2011年11月19日の日本シリーズ(対中日)第6戦以来、1592日ぶりとなるヤフオクドームのマウンドで、和田はホークス復帰後の初白星を目指す。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

フルカウント

「開幕戦」をもっと詳しく

「開幕戦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ