鹿島ユースの松浦航洋、スペイン3部クラブ加入…公式戦出場は8月以降

3月28日(火)15時39分 サッカーキング

スペイン3部のFCフミーリャに加入することが決まった鹿島ユースの松浦航洋(中央) [写真]=内藤悠史

写真を拡大

 鹿島アントラーズは28日、ユースチームに所属するDF松浦航洋が、スペインのセグンダ・ディヴィジョンB(3部相当)のFCフミーリャに加入することが決まったと発表した。

 松浦は1998年生まれの18歳で、身長178センチメートルのDF。ジュニア、ジュニアユース、ユースと鹿島の下部組織でプレーしてきた。2015シーズンにはレギュラーメンバーとして、高円宮杯U−18プレミアリーグEASTとチャンピオンシップ、アジア・チャンピオンズ・トロフィー(ACT)を制覇。そして昨シーズンはキャプテンを務めている。

 鹿島の発表によると、松浦は28日にスペインへと出発。同国の選手登録規定上、公式戦出場は8月以降となる予定と発表されている。

 FCフミーリャはスペイン南東部のフミーリャを本拠地とするクラブ。フミーリャはムルシア地方の北東に位置する地域で、ワインの名産地としても知られている。

サッカーキング

「スペイン」をもっと詳しく

「スペイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ