チェルシーで不遇のロフタス・チークが親善試合で2発「楽しかった」

3月28日(火)17時20分 サッカーキング

2ゴールを挙げたロフタス・チーク [写真] =Getty Image

写真を拡大

 チェルシーのU−21イングランド代表MFルーベン・ロフタス・チークが、27日に行われたU−21イングランド代表対U−21デンマーク代表のフレンドリーマッチでゴールを挙げた喜びを語った。イギリスメディア『デイリーメール』が27日付で伝えている。

 現在、所属先のチェルシーでプレミアーリーグの先発出場がなく、途中出場も3試合にとどまっているロフタス・チーク。しかし同試合の中で2ゴールをマークし、4−0の勝利に貢献した。同選手は試合後にイギリスメディア『BT Sport』に向けてコメントを残した。

「本当に楽しかったよ。チェルシーでは出場機会に恵まれていないから、この試合でハードにプレーすることが重要だと思った」とプレーできる喜びを語った。

 またU−21イングランド代表のアイディ・ボスロイド監督は「ルーベンはとても凄まじかった。他の10人が彼のために懸命に働いてボールを奪ってきたから、彼はピッチ上で際立っていた。彼はとても良い判断をいくつも行ったし、全体的に素晴らしいパフォーマンスを披露したね。ただ彼の技術は今日の試合で全て出たわけではない」と同選手のポテンシャルを高く評価した。

サッカーキング

チェルシーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ