今季の収入総額ランクを仏誌が発表…100億円超のC・ロナがメッシ抑えトップに

3月28日(火)7時17分 サッカーキング

2016-17シーズンの収入総額ランキングトップに輝いたC・ロナウド [写真]=Getty Images

写真を拡大

 2016−17シーズンの収入総額ランキングが発表され、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがトップに立ったようだ。フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』の発表を引用して、27日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 同誌が発表した収入総額ランキングによると、1位に輝いたのはC・ロナウド。給料、ボーナス、広告収入の合計総額は8750万ユーロ(約105億円)にもなるという。

 C・ロナウドに次ぐのはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシで7650万ユーロ(約92億円)。3位以下は同クラブのブラジル代表FWネイマール、レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイル、中国の河北華夏に所属するアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシと続いている。

 また、監督として最も収入総額が高いのはマンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督。総額2800万ユーロ(約34億円)とみられ、ラベッシとほぼ同額となっている。

 今シーズンの選手、監督別の収入総額ランキングは以下のとおり。

■選手の収入総額ランキング(カッコ内は所属クラブ)

1位 8750万ユーロ(約105億円) クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
2位 7650万ユーロ(約92億円) リオネル・メッシ(バルセロナ)
3位 5550万ユーロ(約67億円) ネイマール(バルセロナ)
4位 4100万ユーロ(約49億円) ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)
5位 2850万ユーロ(約34億円) エセキエル・ラベッシ(河北華夏)

■監督の収入総額ランキング(カッコ内は率いるクラブ、国)

1位 2800万ユーロ(約34億円) ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・U)
2位 2350万ユーロ(約28億円) マルチェロ・リッピ(中国代表)
3位 2000万ユーロ(約24億円) ローラン・ブラン(無所属)
4位 1580万ユーロ(約19億円) カルロ・アンチェロッティ(バイエルン)
5位 1450万ユーロ(約17億円) ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・C)

サッカーキング

収入をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ