トッテナムMFアリ、危険なタックルを反省「改善しようとしている」

3月28日(火)15時59分 サッカーキング

自身のプレーを反省する様子を見せたアリ [写真]=AMA/Getty Images

写真を拡大

 トッテナムに所属するイングランド代表MFデレ・アリが、出場停止処分の原因となったプレーについて反省する様子を見せている。イギリス紙『デイリーメール』が28日に伝えた。

 アリは2月23日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのヘント戦において、試合の中で相手選手に危険なタックルを見舞い一発退場。その後、同選手はUEFA(欧州サッカー連盟)主催大会での3試合出場停止処分を言い渡されていた。

 アリは当該プレーについて、「僕は学び、改善しようとしている。これは僕が変えなければならないことの一つだ」と語り、反省するとともに改善の意向を示した。

 その一方で、同選手は「これは僕の攻撃的なスタイルを変えるということではない。状況に応じて適切なプレーをするということだ。皆にその姿を見せられると思うよ」とコメント。さらに、「僕のやり方は昔から変わっていない。ただ、自分をコントロールするよう心掛けている」と続け、持ち味である積極性の効率的な発揮を目標に掲げた。

 アリは今シーズン、ここまでプレミアリーグ27試合に出場し、14ゴールを記録している。

サッカーキング

「トッテナム」をもっと詳しく

「トッテナム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ