大迫はウクライナ戦を欠場…欧州遠征未勝利に「危機感はもちろんある」

3月28日(水)3時25分 サッカーキング

ウクライナ戦は負傷により欠場した(写真はマリ戦のもの)[写真]=AMA/Getty Images

写真を拡大

 キリンチャレンジカップ2018 in EUROPEが27日に行われ、日本代表とウクライナ代表が対戦。前半に先制を許した日本は槙野智章のゴールで一時は追いつくも、後半に失点を喫し1−2で敗れた。

 大迫勇也は右足内転筋の違和感によりウクライナ戦を欠場。ベンチから戦況を見守った一戦について「サイドで起点は作れていたけど、なかなか前で起点ができなかった。難しい試合になったと思います」と感想を述べた。

 3月の欧州遠征は1分け1敗で勝利なし。チームの現状について「危機感はもちろんあるし、このままじゃダメということはみんなも分かっている。ただ、それを外に向けるんじゃなくて、まずは自分たちに向けるべきだと思う」と語った。

 次戦は5月30日のガーナ戦。いよいよ6月のワールドカップに向けた最終フェーズに突入する。大迫は今後に向けて「まずはチームでしっかりと結果を残すこと。いいコンディションで試合に臨むことを考えるしかない。選手一人ひとりがやるべきことは限られますけど、集まった時にみんなが団結していいプレー、いい結果を残せるようにしたいですし、各々が頑張るしかない」とコメントした。

サッカーキング

「ウクライナ」をもっと詳しく

「ウクライナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ