王貞治を激怒させた「開幕投手・園川事件」 本人が振り返る

3月28日(火)16時0分 NEWSポストセブン

現在の肩書きは“ベースボールスペシャリスト”という園川一美氏

写真を拡大

 プロ野球の長いシーズンで特別な意味を持つのが「開幕投手」。しかし、1996年の開幕戦で、開幕投手を巡って“世界の王”が激怒するという事件が起こった。


「王さんの逆鱗に触れた試合ですね。もちろん、よく覚えていますよ」


 1996年、伊良部秀輝、小宮山悟、ヒルマンの3本柱を差し置いてロッテの開幕投手を務めた園川一美は、苦笑しながら振り返る。試合前日、開幕投手にエース・工藤公康を立てたダイエー・王貞治監督は、相手の予告先発が園川と聞き、報道陣に「開幕投手には“格”というものがあるだろう」と不満をブチまけてスポーツ紙の一面を飾った。


「奇策といわれましたが、仕方がないですね。僕でもそう思います(笑い)。あの時は開幕投手の予定だった伊良部が、故障で登板回避になったんです。開幕3連戦の他のローテーションは動かせず、4番手の僕になった。決まったのは2日前でした。江尻監督は王さんの批判に反論しませんでしたが、伊良部の故障を公表できなかったからだと思います」(園川)


 急な登板でかえってプレッシャーはなかったというが、体は思うように動かなかった。味方の大量援護を受けるも5回に2ランを浴び、さらに2死満塁のピンチを招く。勝ち投手の権利を目前に園川は降板した。


「エースなら続投でしょうね。僕もシーズン途中なら投げさせてもらえたかもしれないが、チームとして開幕戦を白星飾りたい思いが強かったのでしょう」(同前)


 4投手のリレーで勝利したロッテは1回からリリーフを準備させていた。奇策を仕掛けられた王監督は試合後、「そりゃ頭に来ますよ」と語り、神経戦に負けたことを悔しがった。


 そんな園川は現在、故郷・熊本のイオン八代店内にあるスポーツオーソリティ八代店に勤務し、来店客の用品選びやトレーニング法などの相談に乗っている。


「あの試合で負けていたらマスコミから袋叩きだったと思う。本当に勝ててよかった」と、最後に微笑んだ。


【試合データ】

1996年3月30日(千葉マリン)

ロッテ6−4ダイエー


■取材・文/鵜飼克郎(文中敬称略)


※週刊ポスト2017年4月7日号

NEWSポストセブン

「王貞治」をもっと詳しく

「王貞治」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ