イスコ、ユーベ移籍の可能性を否定「残りの契約を全うするつもり」

3月29日(火)8時12分 フットボールチャンネル

 レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコが、移籍の可能性についてきっぱりと否定した。28日にスペインラジオ局『コペ』が報じている。

 イスコにはユベントス移籍の噂があり、ユベントス側もこれまでに3度獲得オファーを出してきた。イスコは期待するほどのパフォーマンスを見せておらず批判にさらされており、移籍に心が傾いているのではないかと見られている。

 しかしイスコは「マドリーで幸せだよ。ここで後2年残っている契約の残りを全うしたいね」と、ユベントス移籍の考えは頭の中に全くないと明かした。さらに自身のパフォーマンスへの批判に関してイスコは「非常に難しいシーズンで、すべての責任は自分とハメス・ロドリゲスだけのものではないと思う」とし、批判の的となっているとは思わないとした。

 イスコは今季公式戦33試合に出場し4得点を決めている。クリスティアーノ・ロナウドやカリム・ベンゼマの陰に隠れているが、2018年6月の契約満了の日までマドリーでプレーすることを望んでいるようだ。

フットボールチャンネル

移籍をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ