「イブラが欲しい! だけど…」。CL目指すウェストハム会長が獲得計画を認める

3月29日(火)11時0分 フットボールチャンネル

 ウェスト・ハムのデイビッド・サリマン会長が、パリ・サンジェルマン(PSG)のズラタン・イブラヒモビッチの獲得を夢見ていることを明かした。

 イブラヒモビッチは今季限りでのPSG退団を明言しており、プレミアリーグのクラブから関心を示されていることを認めていた。

 アーセナルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどのビッグクラブが候補に挙げられていたが、ウェスト・ハムもイブラヒモビッチを欲するクラブのようだ。

 英ラジオ『トーク・スポーツ』に出演したサリマン会長は、「我々はヨーロッパ全体で10人程のストライカーをリストアップしている。資金のほとんどはストライカーに費やされるだろう。このプランは来季に向けてのものだ」と、来季の補強の目玉はストライカーであることを語った。

 さらに、「イブラヒモビッチが来てくれたら嬉しい。だけど、来るかどうかは分からない。私が知っているのは、彼が34歳で、素晴らしい選手ということだ」と述べ、獲得が難しいとも認めている。

 今季のプレミアリーグでは5位に位置し、来季のチャンピオンズリーグ出場を目指しているウェスト・ハムだが、ビッグネームは到来するのだろうか。

フットボールチャンネル

パリ・サンジェルマンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ