優勝遠いアーセナル…エジルが来季に向けて提言「上位にいたいなら補強が必要」

3月29日(火)8時21分 フットボールチャンネル

 アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジルは、すでに来季を見据えているようだ。28日に英紙『デイリー・ミラー』が報じている。

 昨季リーグ優勝したチェルシーやマンチェスター・ユナイテッド、リバプールなどが不調のため、今季はアーセナルにも優勝のチャンスが巡ってきた。しかし、予想外の快進撃を続けるレスター・シティとは勝ち点差11開いており、またしても優勝が厳しい状況に追い込まれている。

 エジルは「来季は(現バイエルン・ミュンヘンの)ジョゼップ・グアルディオラ監督など、偉大な監督たちがここ(プレミアリーグ)にやってくる」とし、「来季は今季よりさらに難しいものになるだろう。来季も上位にいるのが簡単ではないことを我々は知っている」と語った。

 さらにエジルは「再び上位にいたいなら、補強をする必要がある」と優勝を目指すには新たな選手たちが必要であるとし、「誰が誰に投資し、夏の移籍マーケットでクラブがどれだけの金額を使うのか興味があるね」とコメントした。果たして、来季のアーセナルはどのような選手で構成されているのだろうか。

フットボールチャンネル

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ