吉田、無失点は「奇跡に近い」。4得点大勝も「内容は全然だった」

3月29日(水)1時42分 フットボールチャンネル

【日本 4-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は28日、ロシアW杯アジア最終予選でタイと対戦し4-0で勝利した。

 勝ち点3を獲得したハリルジャパンだが、吉田麻也は「結果は評価できるが、内容は全然だった。課題がたくさんある」と手放しで喜ぶことはできない様子だ。何度も攻め込まれ、後半終盤にはPKのピンチもあった。「無失点で終われたのは奇跡に近いと思う」とし、「勝っている時こそしっかり足元見つめ直して、どうやって改善していかなきゃいけないかっていうのを探っていかなきゃいけない」と浮かれる素振りは全くなく、むしろ危機感を滲ませた。

 守備的に戦ったUAE戦と比べれば、タイ戦はボールを保持する時間も長く、攻撃に注力する展開だった。「ラインは割と高かったと思うけど、選手の距離感や失い方が悪かった」と吉田は指摘する。さらに、このような試合になることも想定には入れていたが「それでもこういうパフォーマンスは飲み込みづらい」と述べた。

 一方で、ダメ押しの4点目を自身の頭で奪ったことについては「キヨ(清武弘嗣)のボールはいつもいいので、信頼して飛び込んだ。久しく取っていなかったので気持ちは良かった」と語った。

 長谷部誠が不在の中、吉田はキャプテンとしてチームを束ねた。この2試合では久保裕也がストライカーとして活躍したが「裕也が入れるっていうのは他のベテランの選手にとって非常に大きな刺激になる」と台頭を歓迎。またビッグセーブでチームを救った川島永嗣についても「チームの底上げにつながる」と話した。

 ディフェンダーとしては満足できる試合ではなかった。それでも無失点で乗り切ったことも事実。この日得た課題を、吉田自身も糧としたいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「奇跡」をもっと詳しく

「奇跡」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ