レアル行きの噂に浮かれない18歳の仏代表FW「僕はまだその域にいない」

3月29日(水)22時6分 フットボールチャンネル

 モナコのFWキリアン・ムバッペは、レアル・マドリーからの関心が取りざたされているが、地に足をつけている。フランスやスペインのメディアが、フランス代表FWのコメントを伝えた。

 リーグアンで大活躍中のムバッペは、26日に18歳と95日の若さでフランス代表デビューを飾った。注目の若手には、早くも多くのビッグクラブが関心を示している模様だ。

 その一つとされているマドリーからの関心について問われたムバッペは、「僕はモナコの選手だ。レアル・マドリーはとても偉大なクラブだけど、僕はまだまだ学ぶことがたくさんある」とコメント。「レアル・マドリーは、十分に成熟したときに行くべきトップクラブだ。今の僕がその域にあるとは思えない」と謙虚に語った。

 マドリーのキャプテンを務めるDFセルヒオ・ラモスは先日、「優秀な選手に対する扉は常に開いている」と話していたが、ムバッペ本人はまだそのときではないと感じているのかもしれない。

フットボールチャンネル

「レアル」をもっと詳しく

「レアル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ