本田、”本大会レベル”の想定をチームに要求。「これでいいとは思っていない」 

3月29日(水)1時51分 フットボールチャンネル

【日本 4-0 タイ 2018年ロシアW杯アジア最終予選】

 日本代表は28日、ロシアW杯アジア最終予選でタイと対戦し4-0で勝利した。

 前回のUAE戦に続いて先発を外れ、後半途中からの交代出場となった本田圭佑は、相手にも多くのチャンスを許したこの日のチームの戦いぶりに満足はしていない。タイにボールを繋がれたことについて、「これくらいは予選を突破すれば当たり前になってくる。これをベースに、対応をしっかり見ないと」と述べ、より高いレベルを想定した準備が必要だと主張した。

「(W杯では)フィニッシュのレベルも上がってくるわけですから。(今日は)ゼロ失点ですけど、これが2、3失点になる。今日みたいに僕らが4、5点は取れないので、そういう意味では、チームとしての戦い方に誰一人満足していないと思う」

 W杯本大会を意識する上で、「僕はこの戦い方でいいとは思っていない」と本田。だが、所属するミランで出場機会を得ることができず、日本代表でも先発を外れるという自身の状況をまず変えたいという姿勢を示した。

「ちょっと話すタイミングを考えたい。今、いくらでも言うことはできるけど、できるだけみんなの奥底にすっと入る言葉をタイミングよくかけたいから。それはもう少し僕の状況が好転してから、そういうことを話せばいいのかなと」

 台頭する新たな世代に、今は主役の座を譲っているかもしれない。だが本田は、もう一度自分の言葉に説得力を持たせる状況を取り戻すことを諦めてはいない。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「タイ」をもっと詳しく

「タイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ