ユーロ後の退任決定…イタリア代表のコンテ監督「クラブに戻りたい」

3月29日(火)12時26分 サッカーキング

ユーロ2016後の退任が決まっているコンテ監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 イタリア代表のアントニオ・コンテ監督が、今年6月からフランスで開催されるユーロ2016終了後に退任する意思を明らかにした。イタリアメディア『Tuttomercatoweb.com』が28日に伝えている。

 同監督については、イタリア・サッカー連盟(FIGC)が15日にユーロ2016終了後の退任を発表している。今回の報道では、コンテ監督自身が退任の意思を明言したことが伝えられた。

 コンテ監督は「私の選択は、結果とは関係がないものだ。私は、クラブの監督に戻りたい」と今後への希望を明かした。

「今日、まさに考えていたことだが、明日の試合(29日、ドイツとの国際親善試合)が行われると、その後の2カ月間、私は自由の身になる。(その時間を)家族に捧げることができるだろう」

 試合の合間に指導の空白期間がある代表指揮官の仕事について語ったコンテ監督は、「いつかは家族との時間を(持つことができないクラブでの仕事を)悔いることになるかもしれないが、私の決断は揺るぎないものだ。私は日々、グラウンドで指導したいと思っている」と、クラブチームを率いる意向を強調した。

 なお、コンテ監督の新天地はチェルシーが有力視され、14日付のイタリアメディア『Rai』は、同監督が同日にクラブ幹部と会談の場を持ったと報道。3年契約を結ぶと見られ、契約の詳細について話し合った模様だと伝えられている。

サッカーキング

退任をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ