同点弾の伊代表エデル、オランダ撃破に手応え「良いプレーを見せた」

3月29日(水)19時19分 サッカーキング

オランダ戦で同点ゴールを決めたイタリア代表のエデル [写真]=VI-Images via Getty Images

写真を拡大

 国際親善試合が28日に行われ、オランダ代表とイタリア代表が対戦。敵地に乗り込んだイタリア代表が2−1と逆転勝利を収めた。

 イタリア代表は10分にオウンゴールで先制を許したが、直後にFWエデル(インテル)が強烈な右足シュートで同点に追い付いた。さらに32分、DFレオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)がセットプレーから逆転ゴールを決め、2−1と勝利を収めている。

 同点ゴールを決めたエデルが試合後、イタリアメディア『Rai』のインタビューに応じた。

 エデルは「自分は常に、重要な選手であると感じているんだ。今日は良いプレーを見せることができたと思う。満足しているよ」とコメント。手応えを感じていることを明かし、以下のように続けた。

「チーロ(インモービレ)とアンドレア(ベロッティ)はとても素晴らしいプレーを見せている。誰を出場させるか、決めるのは監督だ。誰がピッチに立っても、ベストを尽くすだろう。これがこの代表のメンタリティーだ。誰もがやるべきことを理解している」

「それはインテルでも変わらない。自分は常に100パーセントの力を出しているんだ。監督に呼ばれれば、ベストの答えを出してきたと思っているよ」

サッカーキング

オランダをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ