チェルシーが獲得を目指す仏代表MFバカヨコ、夢は「PSG移籍」か

3月29日(水)16時12分 サッカーキング

パリへの移籍を夢見ているとバカヨコの代理人がコメント [写真]=/Getty Images

写真を拡大

 チェルシーが獲得を狙っているとされるモナコ所属のフランス代表MFティエムエ・バカヨコは、リーグ・アンのパリ・サンジェルマンへ移籍することが夢と語っているようだ。代理人のコメントを、28日付のイギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

「彼はパリで生まれ育ったこともあり、幼い頃からパリ・サンジェルマンへの移籍を夢見ている」とバカヨコの代理人はコメントした。

 同紙は27日に、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が来シーズンのチャンピオンズリーグなどを戦い抜くために、MFの中でバカヨコを獲得第一候補としていると報じていた。しかし、同選手の代理人によると、「バカヨコはパリ・サンジェルマンへの移籍を夢見ている。そして彼らからのオファーを待っている。仮にパリからのオファーがあったらそれを拒否することなどない」と語ったという。

 モナコとの契約は2019年までとなっていて、リーグ・アンでは37試合を経験。先日はフランス代表に初選出されていた。まだ22歳の若者がシーズン終了後にどのような決断をするのか、注目が集まる。

サッカーキング

チェルシーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ