新潟の増田繁人、町田へ2度目の期限付き移籍…2015年以来の加入

3月29日(水)10時14分 サッカーキング

町田への期限付き移籍が決まった新潟DF増田繁人 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 アルビレックス新潟のDF増田繁人が、FC町田ゼルビアへ期限付き移籍で加入することが決まった。移籍期間は2017年3月29日から2018年1月31日まで。29日に両クラブが発表した。

 増田は1992年生まれの24歳。流通経済大付属柏高校から2011年に新潟に加入し、2013年にザスパクサツ群馬、2014年に大分トリニータと期限付き移籍で加入した。2015年には当時J3の町田でプレーし、リーグ戦32試合出場4ゴールを記録。2016年に新潟へ復帰し、昨季は明治安田生命J1リーグで14試合出場1ゴール、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)で4試合、天皇杯で1試合出場を記録した。今季は公式戦で出場機会を得ていなかった。

 期限付き移籍にあたり、増田は新潟に対して以下のようにメッセージを寄せている。

「急な移籍になってしまったことで、サポーターの皆さんには直接挨拶ができず、申し訳なく思いますが、このたびFC町田ゼルビアに期限付き移籍することとなりました。選手として、ひと回りもふた回りも大きく成長できるように頑張りたいと思います」

 そして2015年以来の復帰となる町田には以下のようにメッセージを寄せている。

「2年ぶりに復帰となりますが、できるだけ早く町田らしいプレーができるよう、またチームの力となれるように頑張ります。皆様、応援をよろしくお願いします」

 なお、増田は29日のトレーニングから町田に合流する。背番号は「25」に決まった。

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ